CASE

事例

あらゆる業種、あらゆるご要望も
エキスパートがサポートしています

CASE01 新しい市場への参入

本質的に、新しい市場へのチャレンジは企業、投資家にとって不確実でリスクがつきものです。
エキスパートの知見はその不確実性を軽減することができ、新しい市場に参入するかどうかを決定するのに役立ちます。
エキスパートは、新しい市場機会に関する重要な情報を提供することができ、エキスパートとのインタビューで市場規模の推定、時系列分析、競合他社の分析、主要な課題の特定ができるようになります。

新しい市場への参入の一つの事例

様々な業界に新規参入する場合、各々ふさわしい市場機会があると言えます。
そこで、コンサルタントや市場アナリストが直面する最も多い問題の1つは、例えば、ブロックチェーン、ビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、機械学習、AIなどの様に技術的なトレンドが「バズワード」になることがあります。
業界、市場、技術により適切な時系列分析と市場開拓戦略が異なるためで、クライアントはその市場機会を的確に捉え、適切な時間枠と市場開拓戦略を把握する為にもエキスパートの紹介を求めていることが多いのです。

CASE02 ベンチマーキングとベストプラクティス

企業は常に業務プロセスを改善しています。社内のプロセスを改善する為に、企業は自社の内部知識を利用することだけではなく、競合他社と比較・ベンチマーキングして、市場からベストプラクティスを学ぶことができます。
大企業のみならず、中小企業もベンチマーキングとベストプラクティスから恩恵を得ることができるのです。
様々な企業と経験があるエキスパートの知識は、自業界のベストプラクティスを特定するのに役立ち、外部のエキスパートがあなたの会社の自己評価に客観性をもたらし、パフォーマンス・メトリックに基づいて競合他社と比較・ベンチマーキングすることができます。

ベンチマーキングとベストプラクティスの一つの事例

異なる業界の企業とより良いパートナーシップを築くことは、容易なことではありません。
ベストプラクティスとベンチマークは、自社の自己評価のためだけでなく、サプライヤーやパートナーの評価のためにも活用できます。ベンチマークは、合併買収の為にデューデリジェンスとしてよく使用されています。
また、異なる業界のパートナーシップを評価するのに役に立ち、クライアントが自社と主要パートナーがそれぞれの業界のベストプラクティスとどのように比較するかを客観的に回答できるエキスパートのアドバイスが求められています。

CASE03 イノベーション

現代の世界では、イノベーションは企業の成功にとって最も重要な要素の1つになっています。イノベーションは、製品、サービス、さらにはビジネスモデルにも適用できます。イノベーションは、段階的で持続的な場合もありますが、急進的で破壊的な場合もあり、企業にとってイノベーションを早期に特定し、それらを正確に分類することが重要です。
イノベーションが好機になるか、脅威になるか、イノベーションの特定と追求への企業の取り組みよって決まり、積極的にイノベーションを特定し、追求するようにする企業は成功します。
エキスパート、特にエンジニアと科学者の知識は、情報が経営階層で情報が流れる前に早い段階でイノベーションを特定するのに役立ちます。あるイノベーションについて何が新しいか、新しい価値を生み出す機会があるかどうかを理解するにはエキスパートの技術的な知識が必要です。

イノベーションの一つの事例

プロダクト・イノベーション(革新的な新製品)は通常、消費者市場から派生しビジネス市場に拡大し、またその逆の場合もあります。例外もあり、一部のイノベーションは他の市場に拡大しないこともあり、クライアントはイノベーションの拡大する可能性について確実に分かるように、エキスパートの紹介を求めていることが多いです。

詳細事例